» » 一人娘が小学校に入学しちょっとだけ息抜きがしたくて

一人娘が小学校に入学しちょっとだけ息抜きがしたくて

35才の専業主婦です。
夫は公務員として働いていて、昨春から小学校に通い始めた娘が1人の3人家族です。

夫の年収は3人家族でやっていくためには、不足のないものです。
余裕を持った生活はできていますが、子供が小さいうちは、
自分の欲しい物を購入するという精神的な余裕がないというか、
これまで子供のこと以外で、欲しくなったものはなかったといった方が正しいかもしれません。

娘が無事小学校に入学し、ほんの少しだけ自分の時間が持てるようになると、
たまにはちょっとだけオシャレしたいという願望が蘇ってきました。

結婚前は、それほどオシャレにうるさかったというわけではないものの、
自分なりのこだわりで、アクセサリーなどの小物を集めるのが趣味でしたが、
結婚して子供ができると、好きなものに対しての関心も弱まり、ずっと忘れていたのです。

夫から預けられているお金で、使うことができるお金がないわけではありませんでしたし、
アクセサリーといっても高額なものではなく、2~3万円程度のものが欲しくなったのですが、
家のお金は、子供や家族のために使いたいと考える習慣ができています。
好きに使うことはなんだか後ろめたい気がしたのです。

でも、だれかに知られたくはなかったので、スマホで調べてみると、
専業主婦でもOKで、スマホからの申し込みで利用できることを知りました。
仲の良いママ友に相談してみたところ、その友達も以前利用したことがあるとのこと。
その場合、在籍確認の電話を職場にかけるけれど、金融業者名は名乗らず、
保険会社の勧誘を装ってかけてくれるとか・・・。

ちょっと恐い気もしましたが、申し込んでみるとその日のうちに希望額が振り込まれました。
夫にあとあと聞いた話だと、申し込み当日に保険会社の勧誘みたいな電話があったと言ってました(笑)
それから、専業主婦の場合、小さな金額であれば借りられる場合が多いとか。
私は3万円の借入れを希望したのですが、それも良かったのかもしれませんね。

借りてから気がついたのですが、返済時には結局、家のお金から返済することになります。
私自身に収入がないのだから当然といえば当然ですね(笑)
でも、半年ぐらいかけて月々6000円づつ返済しました。
家のお金で買っていたら、まとめて3万円ですから、
結果的に負担を少なくするという点では、正解だったと思っています。

その後は追加での借入れはしていませんが、最初5万円だった限度額が、
完済したときに7万円に増額されました。信用度があがったということなんでしょうね。

夫や娘には内緒のまま、借入れして返済できたものの、
なんだかちょっとだけうしろめたい気持ちになったのも事実です。

もう少しして、娘が2年生になったら、
小額でも自分のおこずかいとして心置きなく使えるお金を稼ぐ為に、
パートに出ることについて、夫と相談しているこのごろです。

田中さん / 女性 / 30代 / 専業主婦 / 既婚